いびきについて睡眠時無呼吸症候群

| | コメント(0) | トラックバック(0)
一瞬だし喋り続けているので回りは気付いていませんが睡眠時無呼吸症候群の症状かも?!??(゚Д゚) と思って耳鼻科に行った。

アレルギー性鼻炎で右の鼻腔がほとんど塞がっている状態と診断されました。

アレルゲンの検査を待って治療していく予定です。

そして すると… 【睡眠時無呼吸症候群の恐れあり】 という診断。

中年の肥満男性に多い病気とのこと。

でも友人Sは、25歳・女性。

新年早々、検査入院となりました。

あまり深刻に考えていない友人S。

入院当日、興奮気味のメールと写真が届きました。

だから睡眠中の「いびき」。

身近な現象だが、あまりにもうるさいと家庭内不和やコンプレックスの要因になったりする。

また、睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」は突然死に至る危険性もある。

いびきの原因や家庭でできる 睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome:SAS)は中枢型と閉塞型に大別され、臨床的には9割以上が閉塞型である。

医科保険医療機関で睡眠時無呼吸症候群の治療法として口腔内治療装置が有効であるとの確定診断を受け 睡眠時無呼吸症候群 改善術 治療 上杉流について詳しく知りたいですよね。そして たぶんいわゆる「睡眠時無呼吸症候群」なるものだろう。

元々、私は扁桃肥大(アデノイド)で口呼吸になりがちという特性はある。

それに加えて、おそらく今までにないクラスの体重増加に起因してるんじゃないか。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: いびきについて睡眠時無呼吸症候群

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://kennou.rekkk.com/mt401/mt-tb.cgi/960

コメントする

このブログ記事について

このページは、rekが2011年1月21日 18:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネットの力関連オススメ情報睡眠時無呼吸症候群」です。

次のブログ記事は「計画的な考え無呼吸症候群」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01